林泉寺 (文京区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林泉寺
Rinsen-ji (Bunkyo).JPG
所在地 東京都文京区小日向4-7-2
山号 青龍山
宗派 曹洞宗
創建年 1602年慶長7年)
開基 伊藤半兵衛長光
法人番号 9010005000507
テンプレートを表示

林泉寺は、東京都文京区小日向にある曹洞宗寺院である。山号青龍山大岡政談に登場する[1]品川区願行寺葛飾区南蔵院とともに縛られ地蔵があることで有名である。

歴史[編集]

1602年慶長7年)、伊藤半兵衛長光の開基よって創立された。

縛られ地蔵[編集]

縛られ地蔵。2010年4月撮影

しばり地蔵ともいわれている地蔵は伊藤半兵衛長光が両親の供養のために寄進した物であり、33世林泉寺住職江田和雄和尚によると「寺社奉行が町民の不満対策のために地蔵を縛らせることで解消させようとした」と推測している[2]。願掛けのために地蔵を縛り、願いが叶ったらほどくと言われていると江戸砂子に書かれている。

林泉寺坐禅会[編集]

1984年昭和59年)[3]に始まり外国人が多く参加している[4]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 縛られ地蔵(林泉寺)詳しくはこちらを参照のこと
  2. ^ 1990年12月13日読売新聞都民版
  3. ^ 「お母さんの写真」を聴く【中編】林泉寺・江田住職 : 100人のジブリ : ジブリをいっぱい : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  4. ^ 林泉寺 | 東京観光.com「東京の観光情報・ホテル・ショップ検索&東京バスツアー」

外部リンク[編集]