松露饅頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松露饅頭

松露饅頭(しょうろまんじゅう)とは、佐賀県唐津市で作られている和菓子

カステラ生地で丸く包んだ形が、唐津の名所虹の松原に生える高級食用キノコである松露に似ていることから、この名がつけられた。 生地で包まず、こし餡に蜜をかけ、乾燥させて作られる菓子は単に松露と呼ぶ。

特徴[編集]

皮は薄いカステラ生地。こし餡を使用する。直径3~4cm程度の球形である。10個~数十個を1箱に纏めて販売されている。餡は甘さが控えめで、若干、羊羹を思わせる食感と風味をしており、さっぱりとした味わいである。

宮田のCM[編集]

宮田の松露饅頭は、饅頭そのものだけでなく、テレビCMでも有名である。そのCMは、唐津に旅行に来た女性が旅行の様子を手紙にしたため、唐津の名物や景勝地の映像を背景にその手紙の内容が女性の声で読み上げられる、というものである(手紙の最後で松露饅頭を勧めている)。

このCMは、長年放映されており、その映像の古さが特徴的である。そのため音は割れ、映像には至るところにノイズが入っていた。2011年以降は放映されていない。

1974年から放映されている東雲堂二◯加煎餅1970年前後から放映されている風月フーズ雪うさぎのCMなどとともに九州でも指折りの長寿CMである。

また、宮田ではないが、大原松露饅頭のCMには、声優の大平透が出演していた。

外部リンク[編集]