松谷義範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松谷 義範(まつたに よしのり、1911年4月3日-1996年7月6日[1])は、日本の実業家、神学者。

山口県出身。1936年東京帝国大学文学部哲学科卒。教師、薬品メーカー勤務をへて、1948年東邦薬品を創設、社長となる。のち会長。神学の著作・翻訳も多く、演劇にも一家言を持つ[2]

著書[編集]

  • 『神学的人間の思考』長崎書店 1940
  • 『十字架の神学叢書』十字架の神学社 1940
第1 十字架の神学
第3 説教の本質と説教者の課題
第5 聖書と聖書釈義
第7 逃亡者ヨナヨナ書第一章講解
  • 『飯 食生活の問題』長崎書店 1941 勁草書房 1988
  • 『三位一体論序説 聖書と教会の論理として』長崎書店 1943
  • カルヴインの教会観』十字架の神学叢書 十字架の神学社 1941
  • 使徒行伝講解』十字架の神学叢書 十字架の神学社 1941-43
  • 『教会と権威』十字架の神学叢書 十字架の神学社 1943
  • 松谷義範経営論文集』全3巻 モンジュ
1 (経営思想における原則と体系) 1972
2 (経営思想と実践) 1973
3 (経営思想とその計数的展開) 1978

共著[編集]

  • 『懷疑より信仰へ』鎌田英男共著 長崎書店 十字架の神學叢書 1943

翻訳[編集]

  • カルヴィン『コロサイ書註解』長崎書店 聖書註解古典叢書 1939
  • ジヨン・カルヴィン『エペソ書註解』石川静子共訳 長崎書店 聖書註解古典叢書 1940
  • カルヴィン『テモテ前書註解』長崎書店 聖書註解古典叢書 1941
  • 『山上の説教註解』長崎書店 聖書註解古典叢書 1943
  • カルヴィン『創世記第一章註解』金子妙子共訳 十字架の神学叢書 十字架の神学社 1941
  • カール・バルト『神の恩寵の選び』十字架の神学叢書 十字架の神学社 1941-43
  • カール・バルト『ルカ伝第一章に関する四つの聖書研究』秋山憲兄共訳 十字架の神学叢書 十字架の神学社 1941-43
  • マルチン・ルター『ハイデルベルク論争』嘉納良弼共訳 十字架の神学叢書 十字架の神学社 1941-43
  • ウォーフィルド『ジョン・カルヴィン』十字架の神学叢書 十字架の神学社 1941-43
  • ベンゲル『ヤコブ書註解』石井静子共訳 長崎書店 聖書註解古典叢書 1944

伝記[編集]

  • 東風英太郎『創業社長は哲学者!―東邦薬品松谷義範の生涯』新風舎、2007

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年