松田孝裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 孝裕(まつだ たかひろ、1960年 - )は、投資家、 営業プロセス改革の提唱者、マーケッター。元ソフトブレーン株式会社(東証一部上場)代表取締役社長富士通出身。富士通時代は39歳で営業部長就任。2003年ソフトブレーン株式会社入社、2004年取締役副社長、2005年代表取締役社長。趣味はゴルフ、テニス、マラソン、音楽鑑賞、楽器演奏等。コムチュアマーケティング株式会社代表取締役社長、株式会社エアウィーヴ代表取締役社長、ロフテー株式会社代表取締役社長、ティ・エムコンサルティング株式会社代表取締役社長 株式会社バルクホールディングス取締役、サイバージム日本代表

略歴[編集]

慶應義塾中等部慶應義塾高等学校卒業後、1979年慶應義塾大学経済学部入学、1983年慶應義塾大学経済学部卒業、大学時代は、マンドリンクラブのコンサートマスターであり、100人のオーケストラとともに、国内・海外で数多くの演奏会で活躍する。趣味はマラソン、登山、カラオケ、お酒など。

  • 1983年   富士通株式会社入社。
  • 1999年   プロセス産業第一部長就任。           39歳での就任は最年少
  • 2003年   ソフトブレーン株式会社に入社 取締副社長
  • 2004年   中小企業営業支援を目的の「ソフトブレーン・サービス株式会社」の代表取締役社長兼任。
  • 2005年6月  ソフトブレーン株式会社代表取締役社長就任。同時に東証一部上場をはたす。
  • 2005年6月   営業改革をテーマとした講演を全国で展開。1,000社を越す顧客の営業効率改善をサポート。
  • 2008年3月  ソフトブレーン株式会社代表取締役退任。
  • 2008年6月  ティ・エムコンサルティング株式会社設立。代表取締役就任(現職)              日本の労働人口減における①ホワイトカラーの効率化②グローバル化(人材受入れと海外マーケット進出)提唱。
  • 2008年10月 FJBエージェント株式会社顧問グローバル人材事業部長
  • mijs(メードイン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム)理事長
  • 一般社団法人太陽経済の会幹事 情報産業三田会副理事長
  • NPO外国人生活総合支援協会副理事長
  • 2009年 日本コアパートナ(株)取締役
  • 2010年 太陽経済の会 事務局長 (株)成長戦略総合研究所 取締役
  • 2011年4月 コムチュアマーケティング株式会社 代表取締役社長(2012年5月退任)
  • 2012年5月 株式会社エアウィーヴ 取締役副社長
  • 2013年5月 九州日本高圧電気株式会社 代表取締役社長(2018年5月退任)
  • 2014年9月 株式会社エアウィーヴ 代表取締役社長(2017年5月退任)
  • 2016年4月 ロフテー株式会社 代表取締役会長(2017年5月退任)

2018年6月 株式会社バルクホールディングス取締役、サイバージム日本代表

講演実績(HPより抜粋)[編集]

 「生産性向上とミドルの活性化」  「こうすればできる営業改革!」  「今こそグローバル化を!」  「日本の労働力減少の時にやるべきこと」


T-M-営業塾[編集]

  卒業生から全国に優秀な営業人材を輩出している。

 

 ・会社代表であり、メンタルコンサルタント

    【資格】メンタルケアカウンセラー®、 メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラー、行動心理士 等心理系に強み

外部リンク[編集]

  • ホームページ
http://t-m-consulting.com