松原武生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松原武生
生誕 (1921-04-03) 1921年4月3日
大阪
死没

2014年12月15日(2014-12-15)(93歳)

[1]
東京
国籍 日本
研究分野 物理学者
研究機関 北海道大学
京都大学
岡山理科大学
出身校 大阪大学
主な業績 松原振動数
グリーン関数
松原-豊沢モデル
主な受賞歴 仁科記念賞 (1961)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

松原 武生(まつばら たけお、1921年4月3日 - 2014年12月15日)は、日本の物理学者大阪帝国大学卒業。北海道大学教授、京都大学教授、岡山理科大学教授を歴任。1961年仁科記念賞受賞。元日本物理学会会長。1991年勲二等瑞宝章受章[2]

研究[編集]

場の量子論の手法を統計物理学に適用することで、グリーン関数 (多体理論)に関する統計力学の手法を提案した[3]

豊沢豊と行った半導体の不純物バンドに関する研究は、ランダム格子内の電子の運動を記述する松原-豊沢モデルとなった[4]

他には誘電体、超伝導、超流動も研究した。

脚注[編集]

  1. ^ “松原武生死去 京都大名誉教授、物理学”. Kyoto Shimbun. (2014年12月16日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20141216000175 2015年4月20日閲覧。 
  2. ^ 「秋の叙勲 勲三等以上および在外邦人、帰化邦人、在日外国人、外国人の受章者」『読売新聞』1991年11月3日朝刊
  3. ^ A New Approach to Quantum-Statistical Mechanics, T. Matsubara, Prog. Theor. Phys. 14 (1955) 351. [1]
  4. ^ Matsubara, Takeo; Toyozawa, Yutaka (1961-11-01). “Theory of Impurity Band Conduction in Semiconductors” (英語). Progress of Theoretical Physics 26 (5): 739–756. Bibcode1961PThPh..26..739M. doi:10.1143/ptp.26.739. ISSN 0033-068X. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Kotobank.jp [2]


先代:
熊谷寛夫
日本物理学会会長
1976年 - 1977年
次代:
宮原将平
先代:
小野周
日本物理学会会長
1973年 - 1974年
次代:
小野周