東雲フォント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東雲フォント
開発元 efont プロジェクト
最新版 0.9.11 / 2004年9月15日
対応言語 日本語
サポート状況 不活発
種別 フォント
ライセンス Public Domain
公式サイト openlab.ring.gr.jp/efont/shinonome/
テンプレートを表示

東雲フォント(しののめフォント)とはいくつかのフォントを元に作られたデザインルールの統一された日本語ビットマップフォントファミリである。bdf形式で配布されている。JISX0201.1976・JISX0208.1983・ISO8859-1に対応している。12px・14px・16px・18pxと複数のサイズが含まれており、自動生成された斜体・太字・太字斜体のフォントも含まれている。サイズによって使える字体が異なる。

サイズ 字体 旧名 ベースフォント
12px ゴシック体・明朝体・丸文字・可変長ゴシック体 kaname-alter 要町-改
14px ゴシック体・明朝体 k14goth (ゴシック) k14
16px ゴシック体・明朝体 jiskan16 (記号)
18px
サイズ 字体 旧名 ベースフォント

派生・含有フォント[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「東風フォント」の代替フォントとして開発中の「さざなみフォント」が公開
  2. ^ [1]
  3. ^ FS フォント製作室