東住吉事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東住吉事件(ひがしすみよしじけん)とは、1995年7月22日大阪府大阪市東住吉区で発生した事故及び冤罪事件。民家火災が発生し、女児が死亡した。内縁の夫と女児の母親の犯行として無期懲役刑が確定した。

その後、無罪を訴えていたが、再審の結果、2016年8月10日に大阪地裁で無罪判決が出た。検察は控訴権を放棄し、即日確定した。

事件・捜査の概要[編集]

1995年7月22日、大阪府大阪市東住吉区の住宅の建物に組み込まれたシャッター付き駐車場で火災が発生し、住人である母親の青木恵子、内縁の夫の朴龍晧、長男は屋外に脱出したが、駐車場に隣接する浴室で入浴中だった長女のめぐみさんは焼死した。

恵子と朴は死亡しためぐみさんに死亡時支払金1500万円の生命保険契約をしていたこと、めぐみさんの死亡に対して保険金支払いを請求したこと、恵子と朴に約200万円の借金があったことから、警察は借金返済のための保険金詐取目的の殺人との疑いを持ち、1995年9月10日に恵子と朴を逮捕した[1]

大阪府警察(以下「警察」)は、恵子と朴が住宅の建物に組み込まれたシャッター付き駐車場(火災発生当時はシャッターを閉めた密閉空間状態)で、自動車の燃料タンクから、手動式ポンプでガソリンを吸引して駐車場の床に散布し、ライターで火をつけて火災を発生させ、その結果として住宅を全焼させ、入浴中のめぐみさんを殺害したと推定した。

警察は恵子と朴がめぐみさんを殺害したとして取調べ、連れ子保険金詐取目的でめぐみさんを殺害したとの供述調書を作成し、その旨を報道機関に公表。これに対し、恵子と朴はこの取調べの際に拷問による自白の強要があり、警察の推定に合致する供述をさせられたと主張した。

弁護人・支援者の主張[編集]

恵子と朴と弁護人・支援者が主張する、恵子と朴の無実の根拠、検察が主張する証拠の不証明、動機の不自然性は下記のとおりである。

  • 犯行に使用したとされるガソリンを吸引した手動ポンプ、放火したライターは発見されていない。
  • 散布したガソリンの量、恵子と朴が犯行を共謀した時期・内容について、自白調書の内容に不自然・不整合な変遷が多数存在する。
  • 大阪府警科学捜査研究所員が行なった火災の再現実験の結果、火災発生当時はシャッターを閉めた密閉空間状態だった駐車場内に駐車されていたホンダ・ストリートの燃料タンクの不具合によりガソリンが燃料タンクから漏出して気化し、それが駐車場に接する風呂釜の種火に燃え移り発火した可能性が高いと判断された[2]
  • 恵子と朴の借金額は約200万円であった。
  • 恵子と朴と長男及びめぐみさんはいずれも円満な家族関係を形成していて、家族間に感情的な紛争・不和などの問題点は無かった(ただし朴自身は、めぐみさんに対して性的虐待を行なっていた事実を取り調べの供述[3]や支援する会へのメッセージでも「性的虐待をした重い自責」と認めている[4])。
  • 朴は、自分が軟弱で臆病だったため「否認したら死刑になる」との刑事の主張を真に受けて自白したとしている[4]

裁判の経過・結果[編集]

(手記「ママは殺人犯じゃない」より)

裁判で恵子と朴は、「捜査段階で警察に拷問され、虚偽の供述をさせられたが、自分はこの事件にいかなる関与もしていない、無実である」と主張した。裁判は下記のとおりの経過・結果になった。

  • 1999年3月30日、5月18日 - 大阪地裁は物証の証拠調べ請求を却下して、恵子と朴に対して無期懲役の判決をした。両名は無実・無罪を主張して控訴した。
  • 2004年12月20日 - 大阪高裁は控訴を棄却した。被告側は無実・無罪を主張して上告した。
  • 2006年11月7日、12月11日 - 最高裁は上告を棄却し、両名に無期懲役刑が確定した。この事件の裁判長(主任裁判官)であった滝井繁男は、当初から被告人達を無罪であると確信しており、滝井は有罪判決を破棄して差し戻すべきと考えていたが、多数意見にはならなかったため反対意見を準備していた。しかし、滝井の反対意見を不満とする最高裁調査官の妨害により、この反対意見は判決に採用されることなく[5]、滝井本人も10月30日に定年退官を迎えてしまい、実際の判決は残りの4人の裁判官による全員一致の有罪判決となった。滝井の反対意見は、再審開始前の2011年に出版された書籍[6]で存在が明らかにされ、再審無罪確定後の2017年に共同通信が詳しい内容を報じている[7]

再審請求[編集]

2012年3月7日、大阪地裁は恵子と朴の請求を認め、再審を開始する決定をした[8]。科学的にみて被告の自白が不自然、不合理で信用性に欠けることが判断の要因の1つとなった[9]。この決定に対し大阪地検は3月12日、大阪高裁に即時抗告した[10]

2012年3月29日、大阪地裁は職権で刑の執行停止を認めた。検察側は大阪高裁に抗告し、高裁は「執行を止めなければ正義に反するような状況ではない」として決定を取り消した。弁護側は最高裁に特別抗告したが、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は2012年9月18日に特別抗告を棄却し、執行停止を認めなかった高裁決定が確定した[11]

2015年10月23日、大阪高裁は再審開始を認めた大阪地裁決定を支持し、検察側の即時抗告を棄却した。また、「拘束が20年に及ぶことに照らすと、刑の執行を今後も続けることは正義に反する」として刑の執行を10月26日午後2時で停止する決定を出した[12]

これに対し、検察側は「誠に遺憾」として、刑の執行停止に対する異議申し立てを大阪高裁に行った[13]。しかし、大阪高裁はこの申し立てを棄却し、10月26日に両受刑者は和歌山刑務所および大分刑務所から仮釈放された[14]

再審の開始に関する高裁の決定に対しては、10月28日まで最高裁への特別抗告ができるが、10月27日に検察側は特別抗告を断念する方針を固めた。有罪を立証するに足る新証拠は発見されておらず、再審無罪判決となる可能性が高かった[15]

再審[編集]

2016年4月28日、朴の再審初公判が大阪地裁で始まった。朴による無罪の主張と弁護団による燃焼実験の結果が示された。検察側は「すべての証拠を検討した結果、有罪の主張・立証は行わない」と告げて「しかるべき判断」を裁判長に求めるのみとなった[16]

2016年5月2日、恵子の再審初公判が大阪地裁で始まった。朴と同様、無罪の主張が行われた。検察側は「有罪主張をしない。裁判所において、しかるべき判断を」とするのみとした[17]

2016年8月10日、恵子と朴に無罪が言い渡されて[18]、検察は控訴権を放棄し、即日確定した。12月、二人は「無罪判決後も警察と検察は謝罪しない。一連の捜査の問題点を浮き彫りにしたい」と国家賠償を求めて提訴[19]

関連ルポ[編集]

  • 青木惠子「ママは殺人犯じゃない ―冤罪・東住吉事件―」 インパクト出版会 2017年8月 ISBN 9784755402791 本人による手記
  • テレビ朝日「テレメンタリー」「ママは犯人じゃない ―炎の中の“真実”―」(2015年7月20日)「ママは犯人じゃない ―無実の叫び20年―」(2015年8月1日)「ママは犯人じゃない・特別編」(2016年1月5日)「誤判 ―“娘殺しの母”と呼ばれた21年―」(2016年9月18日)
  • NHKスペシャル「時間が止まった私 えん罪が奪った7352日」(2017年12月18日)

脚注[編集]

  1. ^ 『借金苦で保険金狙い 母親を逮捕 大阪・東住吉の小6焼死』 朝日新聞朝刊 1995年9月11日1面
  2. ^ “大阪女児死亡火災、ガソリン漏れで自然発火? 欠陥ならメーカーに責任ないのか、の指摘も”. ジェイ・キャスト. (2015年10月29日). http://www.j-cast.com/2015/10/29249219.html 2015年12月8日閲覧。 
  3. ^ 下級裁判例 事件番号 平成21(た)811 再審請求事件”. 最高裁判所(判決文は大阪地方裁判所). 2015年10月27日閲覧。
  4. ^ a b 本当に助けたかった(朴さんからのメッセージ(4))”. 「東住吉冤罪事件」を支援する会 (2006年1月). 2017年9月閲覧。
  5. ^ 岩瀬達哉著「裁判官よ、あなたに人が裁けるか」第2部第2回:『週刊現代』2018年3月3日号148ページ。
  6. ^ 山口進・宮地ゆう共著『最高裁の暗闘』 朝日新聞出版〈朝日新書〉、2011年、77ページ。
  7. ^ 「再審無罪の大阪女児焼死 最高裁判事が「冤罪」書面」:『中日新聞』2017年2月27日付朝刊、1面・2面。
  8. ^ “東住吉放火殺害:大阪地裁が母親らの再審決定…小6死亡”. 毎日新聞 記事のアーカイブ
  9. ^ “再審開始決定の要旨 「放火方法の自白に疑問」”. 産経新聞. (2012年3月7日). オリジナル2012年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308002632/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120307/trl12030719210007-n1.htm 
  10. ^ 東住吉事件再審開始に関する会長声明 日本弁護士連合会2015年10月23日
  11. ^ “東住吉放火殺人 釈放求めた特別抗告を棄却 最高裁”. 産経新聞. オリジナル2012年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120920120006/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120920/trl12092014110003-n1.htm 2012年9月20日閲覧。 
  12. ^ “母ら再審、高裁も支持 大阪「自然発火の可能性」”. 毎日新聞. (2015年10月23日). http://mainichi.jp/articles/20151023/dde/001/040/082000c 2016年1月4日閲覧。 
  13. ^ “大阪火災 検察が刑執行停止に異議申し立て”. 日テレNEWS24. (2015年10月23日). オリジナル2015年10月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151029002935/http://www.news24.jp/articles/2015/10/23/07312926.html 
  14. ^ “母ら2人、20年ぶり釈放=「景色輝いて見える」-大阪小6焼死再審請求”. 時事通信. (2015年10月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015102600427 2016年1月4日閲覧。 
  15. ^ “小6死亡火災、再審開始へ 大阪高検が特別抗告を断念”. 朝日新聞. (2015年10月27日). http://www.asahi.com/articles/ASHBW528RHBWPTIL015.html 
  16. ^ “「心が自殺、うその自白」小6焼死の再審前、手紙で心情”. 朝日新聞. (2016年4月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ4P2PLHJ4PPTIL006.html 
  17. ^ “「私は無実です」 大阪・小6焼死、母親の再審公判”. 朝日新聞. (2016年5月2日). http://www.asahi.com/articles/ASJ4Y03VJJ4XPTIL02M.html 
  18. ^ “大阪・東住吉の小6女児焼死事件、母親と内縁の夫に再審無罪”. ハフィントン・ポスト. (2016年8月10日14時36分). http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/10/higasisumiyosi_n_11419128.html 2016年8月11日閲覧。 
  19. ^ “東住吉女児焼死 再審無罪の母親、国家賠償求め提訴”. 毎日新聞. (2016年12月10日). https://mainichi.jp/articles/20161220/k00/00e/040/214000c 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]