村岡昌憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村岡 昌憲(むらおか まさのり、1972年10月-)実業家。日本のプロ釣り師としても有名。株式会社カルモア代表取締役、ブルーブルー株式会社代表取締役

来歴[編集]

東京都江東区出身。 消臭剤や脱臭装置の製造販売会社を経営。プロの釣り師としての活動は、主にルアーフィッシングの分野での活躍が知られ、1990年代より始まったスズキ(シーバス)ルアーフィッシングのブームを牽引した。メディア露出当初より「立ち入り禁止」の看板をバックに釣果写真を雑誌へ掲載する、2012年11月6日にYoutubeで公開された動画「ATV.3 [ The Prodigy ] 村岡昌憲 ~東京湾奥ランガンスタイル デイゲーム編」に於いても3分55秒時点でシートベルトを着用せず運転を続けるなど、脱法的なキャラクターを特色にしている。

オフショア(外洋域)のルアー釣りへも傾倒し、茂木陽一氏との交流・釣行も深めている。国のマグロ類に対する資源管理へ疑問を抱き、2017年5月25日、茂木氏主催のデモに参加。その情報拡散には事実上の中核派情報発信組織であるレイバーネット日本が深く関わっている。

契約メーカー[編集]

メガバス株式会社と契約。他にもグローブライド株式会社、株式会社アピア、アムズデザイン(ima)株式会社、邪道(谷山商事株式会社)、東レインターナショナル株式会社と契約をしている。近年は釣り具メーカーの会社を設立するなど活動が本格化している。

fimo[編集]

2010年に釣り人向けのソーシャルネットワークサービスfisherman's mountainを立ち上げた。

fimo代表者である彼の主な釣りスタイルである「橋脚撃ち」を大野ゆうき氏らと共に雑誌記事・動画配信・DVDを通じ大手釣り具メーカー等とも連携・大規模拡散した結果、2016年11月に東京都隅田川流域に於いて、ルアー釣りの禁止が発効された。

これについて自身の責任は全くないとし、行政に対し釣り人総意として物を言える釣り団体が全く不在であることに無力感を感じているとしている。

BlueBlue[編集]

2011年に釣り具メーカーを立ち上げている。

出演中の番組[編集]

雑誌掲載[編集]

  • ルアーフィッシング情報(主婦と生活社)
  • ルアマガソルト(内外出版社)
  • シーバスマガジン
  • ソルト&ストリーム(辰巳書房)廃刊
  • ソルトウォーター(地球丸)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]