村井清次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村井 清次(むらい せいじ、生年未詳 - 天正10年6月2日1582年6月21日))は、安土桃山時代武将。別名は専次とも。

織田政権下の京都所司代であった村井貞勝(村井春長軒)の次男。清次に関しては本能寺の変に至るまでに名が登場することがなく、その生涯は不明である。天正10年(1582年)6月2日、本能寺の変が起こると父や兄と共に織田信忠のいる妙覚寺に駆けつけ、二条城明智光秀軍と戦い、討ち死にした。

参考資料 [編集]

関連項目[編集]