村上吉資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村上吉資(むらかみよしすけ)は、室町時代の武将。因島村上氏の第2代当主。因島長崎城城主。蔵人助。備中守。村上備中入道。村上備中入道(村上顕長/村上吉豊)の子。村上吉充の父。

文献に残る資料[編集]

1449年(文安6年)6月、村上備中守(吉資)は伊予守護河野教通から伊予国越智郡の佐礼城を攻略した戦功の感状がある[1]。当時、河野氏は惣領家の教通が畠山持国、庶子家の通春細川勝元の支援を受けて守護職を巡って争っていた。余談ではあるが、同年8月付の中庄金蓮寺の薬師堂建立の棟札(写し)に「領主村上備中守源吉資」の名がみえる[2]

ところが、河野通春が守護職となった1453年(享徳2年)5月には、細川勝元は通春の帰国に際して吉資を賞する御教書を発している[1]

1462年(寛正3年)3月、東寺より「村上備中」が因島地頭代に任じられている[3]。因島は東寺の荘園であり1458年(長禄2年)に小早川氏が中庄・三庄、木梨杉原氏が重井庄を襲っており[3]、吉資に地頭代の職を与える見返りに因島の守備と年貢の輸送を義務付けたと思われ、これを以て因島村上氏はおおやけに因島の支配者として認められたことになる。

関連項目[編集]

  • 宮地明光 - 鳴滝山城城主宮地弘躬の子[2]。木梨杉原氏船手奉行を経て[4]後に因島村上氏家家老。大炊助。沙弥明光(妙光)として上記棟札および1450年あ宝徳2年)金蓮寺瓦に銘が残る[2]
  • 宮地資弘 - 家臣。大炊助。金蓮寺薬師堂の願主[2]。金蓮寺は宮地氏と所縁のある清原氏の菩提寺。縁故を頼り因島の村上氏第四家老となった宮地氏は金蓮寺を復興、その際に外浦から中庄に移転させた[5]
  • 村上水軍
  • 小早川水軍

脚注[編集]

  1. ^ a b 「因島村上文書」(『広島県史 古代中世資料編Ⅳ』)
  2. ^ a b c d 青木茂「宮地氏の因島における地位」(『因島市史』)
  3. ^ a b 青木茂「南北朝・室町期の因島荘園」(『因島市史』)
  4. ^ 森本繁「因島の歴史」
  5. ^ 笹野米市「外浦誌」