李皇后 (北魏献文帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

李皇后(りこうごう、? - 469年)は、北魏献文帝の夫人。孝文帝の母。皇后として追尊された。本貫中山郡安喜県(現在の河北省定州市)。

経歴[編集]

南郡王李恵の娘として生まれた。淑やかで美しかったという。18歳のとき、選抜されて東宮に入って、側室となった。献文帝が即位すると、夫人となり、拓跋宏(孝文帝)を生んだ。469年皇興3年)、旧制(子貴母死)に従って賜死された。金陵に葬られた。476年承明元年)7月、思皇后諡号を贈られた。

伝記資料[編集]