李存美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

李 存美(り そんび、? - 926年以後)は、後梁の始祖李克用の三男。荘宗李存勗の異母弟。半身不随であった。

生涯[編集]

同光3年(925年)、荘宗により邕王に封ぜられた。

翌年、荘宗は禁軍によって殺害され、存美を除く荘宗の弟も全員殺害された。その後、存美は晋陽に居を遷した。

伝記資料[編集]