杉山康人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

杉山 康人(すぎやま やすひと、1967年 - )は、チューバ奏者。2003年、東洋人で初めてウィーン国立歌劇場管弦楽団のオーディションに合格した(試用期間終了後退団)[1]。2006年からクリーヴランド管弦楽団の首席チューバ奏者を務めている。

来歴[編集]

兵庫県滝野町生まれ。兵庫県立三木東高等学校卒業。1990年相愛大学音楽学部(チューバ専攻)卒業[2]。同年8月京都市交響楽団客演奏者( - 1991年)。

1993年大阪フィルハーモニー交響楽団ヨーロッパツアー同行、1995年10月大阪シンフォニカー入団( - 1996年)[1]。同年11月 第12回日本管打楽器コンクールチューバ部門第1位。1998年新日本フィルハーモニー交響楽団入団( - 2003年)[1]。同年、サイトウ・キネン・オーケストラに参加。

2003年6月、ウィーン国立歌劇場管弦楽団入団オーディションに東洋人として初合格(試用期間終了、不合格宣告と同時に退団)[1][2]2006年1月、クリーヴランド管弦楽団入団[2]

武貞茂夫(京都市交響楽団)[1]、緒方文則(大阪府音楽団)、唐川集三(大阪フィルハーモニー交響楽団)[2]、レックス・マーティン(ノースウェスタン大学教授)[2]に師事。

日本では、チューバでラジオ体操の音楽を演奏しながらラジオ体操をする、動物の着ぐるみを着て動物園をはじめ各地で演奏するズーラシアンブラスに参加するなど、クラシック音楽の初心者が親しみやすい演奏活動を行っていた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 杉山康人さん(チューバ)|インタビュー” (日本語). セイジ・オザワ 松本フェスティバル. サイトウ・キネン財団. 2022年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e Sugiyama, Yasuhito”. www.clevelandorchestra.com. 2022年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]