杉山平一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉山 平一(すぎやま へいいち、1914年11月2日 - 2012年5月19日)は、日本の詩人映画評論家帝塚山学院大学名誉教授。

福島県生まれ。北野中学松江高校を経て東京帝国大学美学美術史学科卒業。在学中三好達治に認められ『四季』に参加、同人となる。卒業後織田作之助らと『大阪文学』を創刊。1941年第2回中原中也賞(現在の同名の賞とは異なる)、1943年『夜学生』で文芸汎論詩集賞受賞。1987年大阪芸術賞受賞、2003年『戦後関西詩壇回想』で小野十三郎賞特別賞受賞。2012年、詩集『希望』で第30回現代詩人賞受賞。その他大阪府知事賞、兵庫県文化賞など。

戦後は映画評論で活躍、『映画芸術』『映画評論』に多く寄稿。1966年帝塚山学院短期大学教授。1976年10月 大阪シナリオ学校 校長に就任。1985年定年、名誉教授。関西詩人協会の設立に関わる、関西詩人協会会長、四季派学会会長、現代詩人会会長を歴任した。

2012年5月19日に肺炎のため死去[1]

著書[編集]

  • 映画評論集 第一芸文社 1941
  • 夜学生 杉山平一詩集 第一芸文社、1942
  • 背たかクラブ 国際出版 1948
  • 映画芸術への招待 1975 (講談社現代新書)
  • 詩のこころ・美のかたち 1980.4 (講談社現代新書)
  • 詩への接近 詩と詩人への芸術論的考察 幻想社 1980.3
  • 杉山平一詩集 土曜美術社 1984.6 (日本現代詩文庫)
  • 映像の論理・詩の論理 創元社 1987.7
  • 低く翔べ リクルート出版 1987.12
  • 現代詩入門 創元社 1988.12
  • 夜学生 銀河書房 1990.2
  • 今村太平 孤高独創の映像評論家 リブロポート 1990.11 (シリーズ民間日本学者)
  • 三好達治風景と音楽 編集工房ノア 1992.4 (大阪文学叢書)
  • 杉山平一全詩集 編集工房ノア 1997
  • 窓開けて 編集工房ノア 2002.5
  • 戦後関西詩壇回想 思潮社 2003.2
  • 映画の文体 テクニックの伝承 行路社 2003.6
  • 青をめざして 編集工房ノア 2004.9
  • 詩と生きるかたち 編集工房ノア 2006.9
  • 杉山平一詩集 思潮社 2006.11 (現代詩文庫)
  • 希望 杉山平一詩集 編集工房ノア 2011.10

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 詩人で映画評論家の杉山平一さん死去、97歳” (2012年5月19日). 2012年5月19日閲覧。