木牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木牛(ぼくぎゅう、もくぎゅう)

淄博市の中国古車博物館にある、木牛の復元模型
  • 中国三国時代丞相諸葛亮が発明したとされる輸送道具。木牛流馬(ぼくぎゅうりゅうば)とも称する。への北伐に際して食糧輸送に用いられたとされる。西晋陳寿が著した『三国志』や『諸葛亮集』にも登場するが、その仕組みについては明らかにはされていない。北宋の高承は「木牛は即ち今の小車の前轅有るものなり。」と小車(単輪の手押し車)の一種であると主張する。また「流馬は今の独推(手押しソリの類か。未詳)なり」とする。(『事物紀原』)
  • 中国・からにかけて用いられた、人力でを動かすために使われた代耕機械。当時はに犂を曳かせていたからだという。明の天啓年間に、イエズス会ヨハン・テレンツ(Johann Terrenz、中国名・鄧玉函)の説明を基に、王徴が「代耕(架)」という名称で中国に紹介した。木製の轆轤(ろくろ)に犂本体と紐を取り付けて、紐を曳くことで轆轤を回転させて犂を前進させたという。