木下陽三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木下 陽三(きのした ようぞう、1939年6月3日 - )は、山口県出身の工学者実業家九州工業大学工学部工業化学科卒業。 三井化学元副社長、東セロ元代表取締役社長[1][2]東セロ相談役を務める[3]

略歴[編集]

  • 1939年6月-3日生
  • 1963年3月-九州工業大学工業化学科卒業
  • 1963年4月-三井化学工業㈱(現三井化学㈱)入社
  • 1968年10月-三井東圧化学㈱(現三井化学㈱)入社
  • 1993年6月-三井東圧化学取締役大阪工業所副所長
  • 1995年6月-三井東圧化学取締役技術本部長・生産技術部長
  • 1997年10月-三井化学㈱常務取締役生産・技術本部長
  • 1999年6月-三井化学専務取締役
  • 2001年6月-三井化学副社長基礎化学品事業部門長
  • 2003年6月-三井化学副社長基礎化学品事業グループ長
  • 2004年6月-三井化学副社長機能樹脂事業グループ長
  • 2005年6月-東セロ㈱代表取締役社長
  • 2007年6月-相談役

脚注[編集]

参考文献[編集]