木下光生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下光生(きのした みつお、1973年- )は、日本の日本史学者、奈良大学教授。

人物・来歴[編集]

福岡県久留米市生まれ。1996年立命館大学文学部日本史学専攻卒業。2001年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、「近世身分制社会と葬送の研究」で文学博士。奈良大学文学部准教授をへて、教授。専門は近世日本史[1]

著書[編集]

  • 『近世三昧聖と葬送文化』塙書房(2010
  • 『貧困と自己責任の近世日本史』人文書院(2017

共編著[編集]

外部リンク[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『貧困と自己責任の近世日本史』