朝鮮労働組合全国評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝鮮労働組合全国評議会
(全評)
조선노동조합전국평의회(전평)
Inaugural Meeting of National Council of Trade Unions of Korea.jpg
結成大会
設立年月日 1945年10月10日
解散年月日 1948年8月15日
組織形態 ナショナルセンター
国籍 南朝鮮の旗 南朝鮮

朝鮮労働組合全国評議会(ちょうせんろうどうくみあいぜんこくひょうぎかい、朝鮮語: 조선노동조합전국평의회)は、かつて連合軍軍政期朝鮮に存在した労働組合ナショナルセンター。略称、全評

概要[編集]

1945年10月10日に結成。南朝鮮労働党の影響力が強く、南北統一と信託統治を主張。右派の離反を招き、1946年9月1947年3月ゼネラル・ストライキを主導すると対抗して結成された大韓独立促成全国労働総同盟との間で流血の惨事を演じた。1948年8月15日に大韓民国政府が結成されると事実上非合法化される。

関連項目[編集]