有田屋清右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有田屋 清右衛門(ありたや せいえもん、生没年不詳)は、江戸時代江戸地本問屋

来歴[編集]

有永堂、有清と号す。天保から文久嘉永[1]期に芝神明前、宇田川町平吉店で営業している。歌川広重歌川国芳歌川芳員歌川国貞錦絵を出版している。

作品[編集]

  • 歌川広重 『近江八景』 横中判揃物 錦絵 天保末期
  • 歌川広重 『東海道』 横四ツ切判揃物 錦絵 弘化
  • 歌川広重『忠臣蔵』
  • 歌川広重『婦久徳金の成木』
  • 歌川国芳 『四季心女遊』 中判3枚続揃物
  • 歌川国芳『当世江戸鹿子』
  • 歌川芳員 『五ヶ国異人酒宴之図』 大判3枚続 文久1年(1861年)
  • 歌川国貞 『天竺徳兵衛万里入船』

出典[編集]

  1. ^ 『原色浮世絵大百科事典』第3巻は天保から文久まで、『浮世絵の基礎知識』は天保・嘉永年間とする。

参考文献[編集]