暗所視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CIE 1951暗所視感度関数。横軸は波長 (nm)を表す。

暗所視(あんしょし)とは、光量が小さい状況での、単色視覚のこと。錐体細胞は光量が小さい場合には機能しないことから、暗所での視覚は桿体細胞のみによって生じる。そのため、暗所では色覚は生じない。暗所視は、輝度が10-2から 10-6 cd/m2のあいだで生じる。

薄明視は、中間の明るさで生じる(輝度が10-2 から 1 cd/m2)もので、暗所視と明所視が組み合わさったものである。しかし薄明視では、視力や色弁別の能力は必ずしも正確ではない。

輝度が1 から 106 cd/m2程度の通常の光量下では、錐体細胞による視覚がメインであり、これは明所視とよばれる。この場合は、視力や色弁別は良好である。

科学的文献では、暗所照度(scotopic lux)という語が使われることもある。これは、明所照度(photopic lux)に対応するもので、照度を計算する際の視感度関数に、明所視感度関数ではなく暗所視感度関数を用いたものである[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Photobiology: The Science of Light and Life (2002), Lars Olof Bjorn, p.43, ISBN 1402008422