早狩武志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早狩 武志(はやかり たけし)は、日本のシナリオライター。「栗原 繁」のペンネームも使用している。「早狩 武志」名義はインターネット上の名称・商業ゲーム小説用、「栗原 繁」は同人誌用と分けて使用している。

詳細[編集]

元々はオリジナル小説を中心とした同人活動を行っており、SFアンソロジー『宇宙への帰還』内の短編『輝ける閉じた未来』にて SF小説家「早狩 武志」として商業デビューを果たし、SFオンラインにおける有料DL小説等の執筆も行っていた。

その後、アダルトゲームブランドlight」にて『僕と、僕らの夏』のシナリオライターを外注として務める。それ以後も同ブランドの『群青の空を越えて』・『潮風の消える海に』、ブランド「ぷちフェレット」の『ぽぽたん』のシナリオライターを務める。

2011年の『恋ではなく―― It's not love, but so where near.』より前に本人が一人でシナリオを書いた商業作品の初出はすべて「light」だが、「light」所属ではなく、すべて外注で引き受けていた。本人によると一般的な職業ではないとのことだが、本職はサラリーマンであり、兼業ライターというアダルトゲーム業界では非常に珍しい形態をとっている。専業ライターと同一程度の速度で執筆を行う[1]。『群青の空を越えて』を執筆中は、昼休み・帰宅から寝るまでの時間・休日すべてを執筆活動に充当し、仕事と睡眠と執筆以外は何もできなかったと発言している。

政治軍事について知識があり、それを活かしたゲーム作りをする。政治について自身のホームページで言及することもあり、自ら革新派(左派)と公にしている。

作品[編集]

  • SF小説
    • SFアンソロジー『宇宙への帰還』(輝ける閉じた未来) -アンソロジー中の一編。
    • SFオンライン 『ムーンシャイン――月光――』 -有料のダウンロード小説。
  • ライトノベル
    • 『群青の空を越えて』 - 同名のゲームの小説化。
    • 『ハーフボイルド・ワンダーガール』 - 青春ミステリードラマ。

注釈[編集]

  1. ^ 『群青の空を越えて』は1年半、低価格ソフト『潮風の消える海に』は2ヶ月で書き上げたと言う

外部リンク[編集]