旧二本松藩戒石銘碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旧二本松藩戒石銘碑
碑文

旧二本松藩戒石銘碑(きゅうにほんまつはんかいせきめいひ)は、二本松藩第7代藩主丹羽高寛が、家臣で儒学者岩井田昨非の献策により、藩士の戒めとして旧二本松城の入り口にあたる場所(現福島県二本松市郭内3丁目)に設置した石碑。一夜のうちに自然石(花崗岩)の露出面に刻まれたという。1935年昭和10年)12月24日、国の史跡に指定された。

爾俸爾禄

民膏民脂

下民易虐

上天難欺

寛延己巳之年春三月

※ 原本は縦書き

石碑には16字が4字4行に刻まれており、碑文の意は「お前のいただく俸禄は人民の汗であり脂(あぶら)である。下民は虐げやすいが上天をあざむくことはできない」で、藩政改革と綱紀粛正の指針を示したものとされる。

寛延己巳」とは寛延2年のことで、同年3月は西暦では1749年の4月から5月にかけてである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度35分53.9秒 東経140度25分58.5秒