日比野雷風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日比野 雷風(ひびの らいふう、元治元年(1864年) - 大正15年(1926年))は、日本剣客神刀流の創始者。本名正吉。

経歴[編集]

薩摩国出身。幼少時に父・道義とともに江戸へ出る。4歳のとき生活に困窮して父子ともに両国橋から飛び込もうとしたところ、菓子行商人・山崎栄助に助けられる。父は失踪し、栄助に育てられた。

13歳で武者修行に出るが、打ちのめされ、絶望して腹を切ろうとしたところ、通りかかった老人にひきとめられる。この老人こそ父道義であったという。

埼玉県大里郡大里村貴族院議員・根岸武香車夫となり、その後上京。撃剣興行剣舞で生活費を稼ぐ。明治23年(1890年)ごろ、神刀流居合を開いた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]