日本吸着学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本吸着学会(にほんきゅうちゃくがっかい、The Japan Society on Adsorption)は、吸着現象などの物質表面界面の働きに関して、学術の向上、関連工業の発展を目的とした、日本の学会である。

かつて、吸着科学・吸着工学は、学際的分野で主に研究されていたため、界面化学触媒化学化学工学食品工学環境工学など、様々な分野で活動していた研究者が、1987年に集合し、結成された学術団体である。

本会は、国際吸着学会の日本の窓口にもなっている。

[編集]

  • 日本吸着学会賞
  • 日本吸着学会 三菱化学カルゴン賞
  • 日本吸着学会 技術賞

関連学会[編集]

外部リンク[編集]