日本キャタピラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本キャタピラー合同会社
Nippon Caterpillar LLC
日本キャタピラーロゴ
種類 合同会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本
〒164-0012
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー
設立 1966年3月1日
業種 小売業
法人番号 5021001031564
事業内容 建設機械・鉱山機械・エンジン販売、サービス、レンタル
代表者 本田 博人(代表職務執行者 社長・CEO)
従業員数 2,530名(2017年4月1日現在)
支店舗数 140
主要株主 キャタピラージャパン合同会社
外部リンク https://www.nipponcat.co.jp/
テンプレートを表示

日本キャタピラーNippon Caterpillar LLC)は、キャタピラーの建設機械を取り扱うディーラーである。 またキャタピラージャパンは製造会社であり、法人としては別法人となる。日本国内の四国、九州を除く全域に展開。

沿革[編集]

  • 1963年 米国キャタピラー社と三菱重工業の合弁によりキャタピラー三菱(株)を設立。
  • 1965年 販売部門は各支社を設置を開始。
  • 1966年2月 北陸・東海の2支社を設置
  • 1966年4月 新しい販売店として、北海道、東北、四国、九州に設置。
  • 1987年 キャタピラー三菱(株)、エム・エイチ・アイ建機(株)と合併し新キャタピラー三菱が誕生。販売店の分社化が始まる。
  • 1988年 全国に各直営販売店が設立される。(最大14販売店)
  • 1998年 直営販売店の再編が行われ、14社から7社に統合される。
  • 2003年 直営販売店の再編が行われ、7社から4社に統合される。
  • 2004年 沖縄キャタピラー三菱建機販売(株)設立
  • 2008年 新キャタピラー三菱(株)がキャタピラージャパン(株)に社名変更、これに伴い国内販売店の社名もキャタピラー北海道株式会社、キャタピラー東日本株式会社、キャタピラー中日本株式会社、キャタピラー西日本株式会社、キャタピラー沖縄株式会社変更された。
  • 2010年 直営販売店の再編が行われ、5社からキャタピラーイーストジャパン(株)、 キャタピラーウエストジャパン(株)の2社に統合される。
  • 2012年 キャタピラー社がキャタピラージャパンを単独所有

キャタピラージャパンがキャタピラー東北の全株式を取得し、直営販売店となる。 キャタピラーイーストジャパン、キャタピラーウエストジャパンが統合オペレーションを開始。

  • 2013年1月 日本キャタピラー発足。「日本キャタピラー」はキャタピラーイーストジャパン(株)・キャタピラーウエストジャパン(株)・キャタピラー東北の直営販売会社3社と キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング(株)、キャタピラー教習所(株)、東京レンタル(株)6社の法人格を持たないグループネーム)
  • 2016年 直営販売会社3社をそれぞれ合同会社へ法人形態を変更。
  • 2017年4月 キャタピラー東北合同会社、キャタピラーイーストジャパン合同会社、キャタピラーウエストジャパン合同会社の販売会社3社を統合し日本キャタピラー合同会社発足。
  • 2017年10月 キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング株式会社を統合。

D-Tech Center[編集]

日本キャタピラー D-Tech Center

埼玉県秩父市の山中に建設した豊かな自然に囲まれたアジア最大級のスケールを誇る建設機械総合研修センター。 (旧名称:秩父デモセンター、秩父ビジターセンター) 以前はキャタピラージャパンで運営していたが、現在は日本キャタピラーにより運営されている。 2017年10月ICT建機を含むCat製品の活用について、 お客様へのデモンストレーションや社内外の教育を行う「D-Tech Center」として運営体制を変更した[1]

取扱製品[編集]

など

関連会社[編集]

  • キャタピラー教習所(都道府県労働局長登録教習機関)
  • 東京レンタル(建設機械レンタル業)
  • Catレンタル九州

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]