新産業都市建設促進法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新産業都市建設促進法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和37年5月10日法律第117号
種類 法律
効力 廃止
主な内容 新産業都市について
条文リンク 法庫(廃止時点の条文)
テンプレートを表示

新産業都市建設促進法(しんさんぎょうとしけんせつそくしんほう)は、大都市における人口及び産業の過度の集中を防止し、並びに地域格差の是正を図るとともに、雇用の安定を図るため、産業の立地条件及び都市施設を整備することにより、その地方の開発発展の中核となるべき新産業都市の建設を促進し、もつて国土の均衡ある開発発展及び国民経済の発達に資することを目的として制定された法律である。

新産業都市建設促進法等を廃止する法律(平成13年3月30日法律第14号)によって廃止(施行日:2001年4月1日)された。

関連項目[編集]