新政府綱領八策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新政府綱領八策(しんせいふこうりょうはっさく)は、坂本龍馬慶応3年(1867年)11月に示した維新後新政府設立のための政治綱領である。現在龍馬自筆本が2枚残っており、国立国会図書館下関市立長府博物館に所蔵されている。

内容[編集]

第一義 天下有名ノ人材を招致シ顧問ニ供フ
第二義 有材ノ諸侯ヲ撰用シ朝廷ノ官爵ヲ賜イ現今有名無実ノ官ヲ除ク
第三義 外国ノ交際ヲ議定ス
第四義 律令ヲ撰シ新タニ無窮ノ大典ヲ定ム律令既ニ定レバ諸侯伯皆此ヲ奉ジテ部下ヲ率ユ
第五義 上下議政所
第六義 海陸軍局
第七義 親兵
第八義 皇国今日ノ金銀物価ヲ外国ト平均ス

右預メ二三ノ明眼士ト議定シ諸侯会盟ノ日ヲ待ツテ云云
○○○自ラ盟主ト為リ此ヲ以テ朝廷ニ奉リ始テ天下萬民ニ公布云云
強抗非礼公議ニ違フ者ハ断然征討ス権門貴族モ貸借スル事ナシ

慶応丁卯十一月 坂本直柔

第一義では幅広い人材の登用、第二義では有材の人材選用、名ばかりの官役職廃止、第三義では国際条約の議定、第四義では憲法の制定、第五義では両院議会政治の導入、第六義では海軍陸軍の組織、第七義では御親兵の組織、第八義では金銀物価の交換レートの変更 が述べられている。

船中八策を簡略化して書かれたような内容になっている。 違いとして注目されるのは後半部分の○○○の伏せ字である。徳川慶喜山内容堂松平春嶽など様々な説があるが定説は明確になっていない。文字通り、これを見る人々が自由に名前を入れて読むことができるようにしたともいわれている。

新政府綱領八策(国立国会図書館)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]