断罪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

断罪者 -TETRAGRAMMATON LABYRINTH-』(だんざいしゃ テトラグラマトンラビリンス)は、いとうえいによる日本漫画作品。『月刊コミックガム』(ワニブックス)に2005年2月号より連載されていた。全6巻。

19世紀ヨーロッパを舞台に、不死の少女と繁栄の影に蠢く「妖魔」達との戦いを描く美少女ゴシック・ホラーアクション。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

アンジェラ
“不老不死”の業を背負う銀髪の少女。妖魔殲滅を任とする“組織”に属し、魔都・倫敦で人外の者達を狩る。
メグ
敬虔なシスターであるとともに“組織”から派遣されたアンジェラの絶対無二のパートナー。フルネームはマーガレット・クロス。
緋褪
東方から来た方術使い。三種の神器の一つ、妖刀落銘字伏を巡ってアンジェラ達と出会う。
ドクター
“組織”の武器研究室長。60代後半の好々爺。
エドワード・ワイズ
スコットランドヤード警察の刑事。恋人が妖魔に憑依された事件を契機に、アンジェラ達の協力者となる。

用語[編集]

書誌情報[編集]

  • いとうえい 『断罪者 -TETRAGRAMMATON LABYRINTH-』 ワニブックス〈ガムコミックス〉、全6巻
    1. 2005年6月24日発売、ISBN 4-8470-3507-0[1]
    2. 2005年12月24日発売、ISBN 4-8470-3531-3[2]
    3. 2006年6月24日発売、ISBN 4-8470-3550-X[3]
    4. 2006年12月25日発売、ISBN 4-8470-3588-7[4]
    5. 2007年6月25日発売、ISBN 978-4-8470-3602-6[5]
    6. 2007年12月25日発売、ISBN 978-4-8470-3621-7[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 断罪者 (1)(いとうえい)”. ワニブックス. 2022年5月6日閲覧。
  2. ^ 断罪者 (2)(いとうえい)”. ワニブックス. 2022年5月6日閲覧。
  3. ^ 断罪者 (3)(いとうえい)”. ワニブックス. 2022年5月6日閲覧。
  4. ^ 断罪者 (4)(いとうえい)”. ワニブックス. 2022年5月6日閲覧。
  5. ^ 断罪者 (5)(いとうえい)”. ワニブックス. 2022年5月6日閲覧。
  6. ^ 断罪者 (6)(いとうえい)”. ワニブックス. 2022年5月6日閲覧。