放課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

放課(ほうか)とは、小学校中学校高等学校で、その日の所定の時間の課業が終わること[1]を指す言葉である。現在では「放課」という言葉が単体で使われることは少なく、主に「放課後」という形で使われる。愛知県内では「放課」という言葉が単体で使われるが、用法は異なっている。

愛知県内での用法[編集]

愛知県内のほぼ全ての学校では、授業と授業の間の休み時間のことを「放課」と言い、共通語の「昼休み」や「10分休み」などは「昼放課」や「10分放課」のように表現する[2]。そのため、共通語の「放課後」に当たる表現には「授業後」「学校が終わった後」などが使われることが多い[2]。なお、教育委員会などが出す正式な文書では使われない[3]

「放課」という言葉が愛知県の方言(名古屋弁三河弁)であるということは、テレビ番組やインターネットなどのメディアで複数回取り上げられており[4][5][6][7]、愛知県内でも方言であるという認識は広まっているものと思われる。

『愛知県教育史』によれば、起源は1873年明治6年)3月に公布された愛知県義校規則とされる。義校とは小学校の前身となる明治初期の民間の初等学校のことで、その規則に「毎日午前十時ヨリ同十一時マテ午後十二時ヨリ同一時迄ノ両度ヲ放課トス」(原文)とある[3][8]。ただし、「放課」という言葉は当時全国各地で使われていた言葉であり、愛知県でのみ淘汰されずに方言として残ったとする指摘もある[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本語大辞典
  2. ^ a b 第20回 授業の間の休み時間を何と呼ぶか? | web日本語”. www.web-nihongo.com. 2022年6月13日閲覧。
  3. ^ a b 広瀬和実; 中日新聞 (2006年5月1日). “授業の合間「放課」なぜ? 名古屋人の勤勉さチラリ” (日本語). CHUNICHI Web. 中日新聞. pp. なごや特走隊. 2009年11月20日閲覧。
  4. ^ Jタウンネット編集部 (2015年7月30日). “米をかす、放課、ケッタ、舌ベロ...東海地方出身者が「方言」だと知らなかった言葉(全文表示)|Jタウンネット” (jp). Jタウンネット. 2022年6月13日閲覧。
  5. ^ 愛知県の方言「次の放課は大放課だで、運動場行こまい」ってどんな意味?【マジで方言じゃないと思ってた言葉】” (日本語). ねとらぼ. 2022年6月13日閲覧。
  6. ^ モー娘。牧野真莉愛が語る、地元・愛知県の方言とイントネーション” (日本語). RadiChubu-ラジチューブ-. 2022年6月13日閲覧。
  7. ^ データで解析!サンデージャーナル” (日本語). テレビ愛知. 2022年6月13日閲覧。
  8. ^ 国立国会図書館. “愛知県では、「放課」というと「学校の授業が全て終わった後」のことではなく、「授業と授業の間の休憩時間...” (日本語). レファレンス協同データベース. 2022年6月13日閲覧。
  9. ^ 中田敏夫. “愛知県の学校方言「放課」の誕生-標準語成立のプロセスと方言化-”. 愛知教育大学. 2022年6月13日閲覧。

関連項目[編集]