改善型タービン・エンジン・プログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

改善型タービン・エンジン・プログラム(improved Turbine Engine program , ITEP)とは、先進低価格タービン・エンジン(Advanced Affordable Turbine Engine, AATE)プログラムから発展した、アメリカ陸軍UH-60ブラック・ホークおよびAH-64アパッチ用のGE T700エンジンを更新し、燃料消費率、出力、耐久性およびコストを改善するプロジェクトである。ハネウェル社プラット・アンド・ホイットニー社は合併事業としてATEC(アドバンスド・タービン・エンジン・カンパニー)を設立してATEC T900を開発し、GEアビエーション社GE T901を製造した。2019年2月、GE T901がこのプログラムに採用された。

経緯[編集]

2006年12月、アメリカ陸軍の航空応用技術管理部(Aviation Applied Technology Directorate, AATD)は、UH-60およびAH-64に適合する軸出力3,000馬力の先進低価格タービン・エンジン(AATE)への提案を企業に求めた。この際、国防総省NASAおよびエネルギー省のVAATE(Versatile Affordable Advanced Turbine Engine, 多目的低価格先進タービン・エンジン)プログラムを活用しつつ、特定燃料消費率の25%減 (0.347 lb/hp/h, 211 g/kW/h以下)、パワーウェイトレシオの65%向上 (6.5 hp/lb, 10.7 kW/kg以上)、設計寿命の20%延長 (6,000時間および1万5,000サイクル以上)、生産コスト の35%削減(1台あたり65万ドル以下) および整備コストの35%削減、ならびに開発コストの15%削減を目指すものとされた。[1]

2007年、ハネウェル社及びプラット・アンド・ホイットニー社は、合併事業としてATECを設立し、2008年5月はじめにHPW3000エンジンの開発契約を1億800万USドルで締結した。一方、GEアビエーション社は、GE3000エンジンの開発に関して同様の契約を締結した。[2]

2009年7月、先進低価格タービン・エンジン(AATE)から改善型タービン・エンジン・プログラム(Improved Turbine Engine Program, ITEP)へと変更され、AH-64およびUH-60の高温・高高度性能の向上、および戦闘行動半径の 500 km (270 nmi)増加を図ることとなった[3]

提案されたエンジンは、いずれも、バッテリー始動が可能なため、APU(補助動力装置)が不要であった[4]。UH-60およびAH-64は、ハネウェル社のGTCP 36-150 APUを搭載している[5]

ITEPは、統合多用途(Joint Multi-Role, JMR)ヘリコプターに用いることもできる。[6]

双発機である3,000機のブラックホークと1,000機のアパッチ用には、補給用品を含めると1万台のエンジンが必要となる。また、シコルスキー社は、S-97レイダーの単発のGE CT7/T700に代えてこれを搭載することを検討している。[7]

2012年、GE社とATECは、耐久性および性能の双方の実証試験を実施し、4年半にわたる技術開発段階を完了した。[8]

2016年8月、ATECおよびGE社は、2018年後半までの24ヶ月間における基本設計確認の実施に関し、アメリカ陸軍と契約を締結した。2019年2月、アメリカ陸軍は、GE社のT901のITEPプログラムへの採用を決定した。

2020年第2四半期に最終設計審査が開始され、2021年第3四半期には最初のエンジン試験が実施され、じ後、飛行試験が行われて、2024年に生産が決定される予定である。[9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Advanced Affordable Turbine Engine (AATE) Program”. FBO Solicitation Notice. Solicitation #W911W60720002. Loren Data's FBO Daily (2006年12月18日). June 21,2019閲覧。
  2. ^ Stephen Trimble (2008年6月20日). “Engine War revival: P&W bounces back with improved F100”. Flightglobal. https://www.flightglobal.com/news/articles/engine-war-revival-pw-bounces-back-with-improved-f-224825/ 
  3. ^ Request for Information (RFI) for Release of Advance Affordable Turbine Engine (AATEP)/Improved Turbine Engine Program (ITEP)”. Federal Business Opportunities (2009年7月22日). June 21,2019閲覧。
  4. ^ Douglas Nelms (2009年9月1日). “Next Steps For Army AATE/ITEP Program”. Rotor & Wing Magazine: pp. 10-11. http://www.rotorandwing.com/2009/09/01/rotorcraft-report-next-steps-for-army-aateitep-program/ 
  5. ^ “Military Auxiliary Power Unit”. Honeywell. https://aerospace.honeywell.com/en/products/auxiliary-power-and-thermal/military-auxiliary-power-unit 
  6. ^ “US Army engine competition strained by budget pressures”. Flight International. (2011年4月27日). https://www.flightglobal.com/news/articles/us-army-engine-competition-strained-by-budget-pressures-356036/ 
  7. ^ Douglas Nelms (2012年4月1日). “Army's ITEP Gets New Impetus”. Rotor & Wing Magazine. http://www.rotorandwing.com/2012/04/01/armys-itep-gets-new-impetus/ 
  8. ^ Tony Skinner (2012年4月4日). “QuadA2012: Questions linger over next-generation engine funding”. Shephard Press. June 21,2019閲覧。
  9. ^ Graham Warwick (April 19, 2018). “Anatomy Of U.S. Army Improved Turbine Engine Program”. Aviation Week & Space Technology: 55. http://aviationweek.com/aviation-week-space-technology/anatomy-us-army-improved-turbine-engine-program. 

参考文献[編集]