擬娩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

擬娩(ぎべん)は妻の出産前後に夫が日常的活動を停止して禁忌に服し、妻の出産に付随する行為を意識的・無意識的に模倣する習俗。フランス語「クヴァード (couvade)」の訳語[1]。方言では「くせやみ」などと称する[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 池田光穂. “擬娩/偽娩(ぎべん)”. 医療人類学プロジェクト 医療人類学辞典. 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター. 2016年1月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]