挿絵の黄金時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

挿絵の黄金時代(さしえのおうごんじだい、Books Beautiful)は、19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金期。印刷革命によるギフト・ブック・ブーム。

ランドルフ・コールデコットケイト・グリーナウェイワォルター・クレインを旗手として同時期に多くの挿絵画家が現れ、絵本の近代化が進んだ[1]。高橋吉文は同時期の挿絵の特徴について、視点を切り落とした遠近法や平面的な彩色など、ジャポニズムの影響を指摘している[1]

主な作家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高橋吉文 大野寿子(編)「19世紀西洋視覚とジャポニズム」『グリムへの扉』勉誠出版 2015 ISBN 9784585290933 pp.164-171.

参考文献[編集]