指事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

指事(しじ)とは、漢字の造字法を表す六書(りくしょ)の一つ。指事によって作られた字を指事文字(しじもじ)という。指示文字指字文字の表記は誤り。筆画の位置関係により抽象的概念を表すものを言う。

例えば、「上」と「下」は、横棒の上に点があることで「うえ」を、下は横棒よりも点が下にあることで「した」を表している[1]。また、「未」は木の下の方を意味し、「末」は木の上の方を意味している。「本」は木の根本にあるものである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 永山勇 2010, p. 37.

参考文献[編集]

  • 永山勇 『国文法の基礎』(改訂2版)洛陽社、2010年7月30日。ISBN 978-4-8442-0026-0 

外部リンク[編集]