拾遺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

拾遺(しゅうい)。本義は漏れ落ちたものを拾い集めてくる意(「wikt:拾遺」参照)。

  • 拾遺 (官) - 中国古代の官名。左と右に分かれる。の時代において品秩は従八品と決して高くないが、皇帝に直言して失政を諫める職掌は重んじられた。詩人杜甫が任ぜられたことがある。
  • 拾遺 (香) - 薫物の一種。「侍従」という香がさらに「拾遺」とも呼ばれた。
  • 拾遺和歌集』の略称。