拡大技法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

拡大技法(かくだいぎほう、Auxesis)とは、誇張法の1形式で、ある事の重大性を増幅する目的で、不釣り合いな言葉を使って言及すること。抑言法緩叙法とは対照的なもの。

[編集]

  • 弁護士が「ひっかき傷(scratch)」のことを「外傷(wound)」あるいは「裂傷(laceration)」と言うこと。
  • 「本(A book)」を「volume(巻)」あるいは「tome(大冊)」と言うこと。
  • 重大さまたは壮大さの感覚を出す意図で、「映画(A film)」のことを「drama(ドラマ)」あるいは「epic(叙事詩)」と言うこと。

参考文献[編集]

関連項目[編集]