木曽明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木曽 明子
人物情報
生誕 1936年????
満州
出身校 京都大学
学問
研究分野 西洋古典学
指導教員 松平千秋
学位 文学博士
学会 日本西洋古典学会、古典学教官学会
テンプレートを表示

木曽 明子(きそ あきこ、1936年[1]- )は、古代ギリシア文学研究者、大阪大学名誉教授[1]

満州生まれ[1]京都大学文学部大学院博士課程満期退学、1987年「ソポクレスの散逸作品」で文学博士。松平千秋門下生[2]。大阪大学教養部教授、1994年文学部教授、97年退官、名誉教授、北見工業大学教授を経て2002年退職。

著書[編集]

  • THE LOST SOPHOCLES Vantage Press 1984[3].

翻訳[編集]

主要論文[編集]

  • Sophocles’ PHAEDRA and the Phaedra of the FIRST HIPPOLYTUS.
    • BULLETIN OF THE INSTITUTE OF CLASSICAL STUDIES 20 (1973) [4]
  • Sophocles, ALEADAE : a Reconstruction.
    • GREEK, ROMAN AND BYZANTINE STUDIES 17(1976)[5]
  • Notes on Sophocles’EPIGONOI.
    • GREEK, ROMAN AND BYZANTINE STUDIES 18(1977)
  • TYRO : Sophocles’ Lost Play. STUDIES IN HONOUR OF T.B.L.WEBSTER Bristol Classical Press (1986)[6]
  • 「悲劇から喜劇へ:エウリーピデースイオーンのドラマトゥルギー」『西洋古典論集』14(1996) NAID 110004688035
  • 「デウス・エクス・マーキナーは逃避的手段か -エウリーピデースの創意-『フィロカリア』14(1997)[7]
  • デモステネスの雄弁 -ディオニュシオスの耳- 『西洋古典論集』18(2002)NAID 110004687704
  • What Happened to Deus ex Machina after Euripides? AbleMedia Classics Technology Center (2004) [8]
    • AbleMedia Classics Technology Center Golden Chalis Award受賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]