拘禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

拘禁(こうきん)は、身柄を拘束する行為であり、本項では法手続に基づく身柄の拘束について扱う。

未決拘禁者[編集]

既決拘禁者[編集]

日本[編集]

日本でいう「既決拘禁者」とは「受刑者(懲役禁錮拘留)、死刑確定者及び労役場留置者」をいう[1]

イギリス[編集]

イギリスには自由刑としてCustodial Sentenceと呼ばれる拘禁刑がある[2]刑務作業が定められているが、日本などの懲役刑が刑務作業を刑罰の内容としているのに対し、イギリスの拘禁刑は刑務作業を刑罰の内容として位置づけているわけではない[3]

一定の拘禁刑受刑者については在宅拘禁外出禁止制度(Home Detention Curfew (HDC) scheme)がある[4]

出典[編集]

  1. ^ 用語の解説”. 法務省. 2018年5月7日閲覧。
  2. ^ 諸外国の制度概要(資料1)”. 法制審議会. 2018年5月7日閲覧。
  3. ^ 第2回行刑改革会議”. 法務省. 2018年5月7日閲覧。
  4. ^ 法務総合研究所研究部報告44 英国”. 法務総合研究所. 2018年5月7日閲覧。