拓跋太洛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

拓跋 太洛(たくばつ たいらく、生年不詳 - 468年)は、北魏皇族。章武敬王。

経歴[編集]

拓跋晃と慕容椒房のあいだの子として生まれた。468年皇興2年)、死去した。征北大将軍・章武王の位を追贈された。は敬といった。

子がなく、孝文帝の初年に南安王拓跋楨の次男の元彬が後を嗣いだ。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻19下 列伝第7下
  • 北史』巻18 列伝第6