拓跋休

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

拓跋休(たくばつ きゅう、生年不詳 - 494年)は、中国北魏皇族。安定靖王。

経歴[編集]

拓跋晃と孟椒房のあいだの子として生まれた。468年皇興2年)、安定王に封じられた。征南大将軍・外都大官に任じられた。

孝文帝の初年、庫莫奚が北魏の辺境に侵入してくると、休は使持節・侍中・都督諸軍事・征東大将軍・領護東夷校尉儀同三司・和龍鎮将に任じられて、防戦を指揮した。入朝して中都大官となった。柔然の侵攻を受けると、使持節・征北大将軍・撫冥鎮大将として出向し、柔然を撃退した。入朝して内都大官となった。491年太和15年)、太傅に転じた。

492年(太和16年)、孝文帝が南征の軍を起こすと、休は大司馬を兼ねた。493年(太和17年)、洛陽遷都が完了すると、休は孝文帝の行幸に従ってに赴いた。孝文帝の命を受けて文武の官を率いて家族を平城に迎えに行った。

494年(太和18年)、病のために死去した。は靖王。

子女[編集]

  • 拓跋安(幼年のうちに早逝した)
  • 元燮
  • 元願平
  • 元永平(征虜将軍・南州刺史、城民華延明に殺害された)
  • 元珍平(司州治中)
  • 元貴平

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻19下 列伝第7下
  • 北史』巻18 列伝第6