コンテンツにスキップ

折笠敬昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

折笠 敬昭(おりかさ よしあき、1990年3月 - )は、日本の美術家音楽家である。

概要

[編集]

1990年、新潟県に生まれた[1][2]

菅原翔太と2人でバンド「不屈の卑屈」を組み、歌・作詞・作曲などを手掛けている[1][3]

2012年から東京を中心に展示活動を行っている[1][4]

2017年からはソロプロジェクト「◎」(omaru)を始動させている[1][3]

多摩美術大学の絵画学科で日本画を専攻し、2016年に同大学院を修了している[1][5]。 第3回「Artist Group -風-展」では作品「規律の海」が入選を果たしている[6]

2016年には個展「在るはずのなかった日々」を開催している[1]

2019年には中目黒ART PROJECT「storage_0 ALICE」展の開催に携わっている[7]

2020年には「東京2020 NIPPONフェスティバル」の共催プログラム「現代日本画の系譜-タマビDNA展」への出展を行っている[8]

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d e f 折笠敬昭 個展「Where is my Simulacre」3/18~23 – 小さめ美術館の森|東京美術展情報”. small-museum.net. 2021年7月23日閲覧。
  2. ^ 折笠 敬昭 個展  ”. rashin.net. 2021年7月23日閲覧。
  3. ^ a b BIOGRAPHY”. fukutsu-hikutsu. 2021年7月23日閲覧。
  4. ^ 折笠 敬昭 個展  ”. rashin.net. 2021年7月23日閲覧。
  5. ^ 多摩美術大学|卒業制作優秀作品集|絵画学科日本画専攻|折笠 敬昭”. www.tamabi.ac.jp. 2021年7月23日閲覧。
  6. ^ Artist Group 風”. www.agkaze.jp. 2021年7月23日閲覧。
  7. ^ 2日限りの美術展―中目黒ART PROJECT「storage_0 ALICE」展 | Art Annual online”. 2021年7月23日閲覧。
  8. ^ 「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム「現代日本画の系譜-タマビDNA展」を多摩美術大学美術館などで開催 (2021年3月9日) - エキサイトニュース(4/5)”. エキサイトニュース. 2021年7月23日閲覧。