戸田一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戸田 一夫(とだ かずお 1922年 - 2006年10月21日)は、日本の実業家フィンランド視察を基にした、北海道産業クラスター構想提唱者。北海道札幌市出身。東京工業大学卒。

略歴[編集]

  • 1947年 - 東京工業大学を卒業し、北海道配電(北海道電力の前身会社)に入社。
  • 1977年 - 北海道電力原子力部門担当常務、泊発電所建設責任者。
  • 1988年 - 北海道電力社長就任
  • 1989年 - 泊発電所一号機、1991年に二号機の営業運転開始。
  • 1993年~1999年 - 北海道電力会長。
  • 1994年~2000年 - 北海道経済連合会第4代会長
  • 1996年 - 北海道産業クラスター創造研究会を設立
  • 2001年 - 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)理事長
  • 2006年10月21日 - 肺炎で死去。
先代:
中野友雄
北海道電力社長
第7代:1988年 - 1993年
次代:
泉誠二
先代:
中野友雄
北海道経済連合会会長
第4代:1994年 - 2000年
次代:
泉誠二