戦争法案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戦争法案(せんそうほうあん)とは、日本安全保障に関する法案について、これらが戦争につながるとする観点から一部で用いられる呼称。括弧書きで表記されることもある[1][2][3]

以下の法制の審議過程において、この表現が用いられることがあった。

脚注[編集]

  1. ^ a b “メーデー 「不安3兄弟」の所得、老後、雇用克服を 大阪府内で25万人参加”. 読売新聞・大阪朝刊: p. 19. (1999年5月2日). "… 、共産党の市田忠義書記局次長が「国会に憲法調査会を設置する動きが強くなっている。憲法を真っ向から踏みにじる『戦争法案』を衆院で強行可決した直後だけに、特別に重い意味を持っている」と強調した。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  2. ^ “安全保障関連法案 これまでの首相答弁=特集”. 読売新聞・東京朝刊: p. 11. (2015年9月19日). "「戦争法案」批判 不戦の誓いを将来にわたって守り続けていく。平和安全法制の整備で「徴兵制が採用される」「米国の戦争に巻き込まれる」という議論は的はずれだ。徴兵制は明確な憲法違反で、導入する余地はない。米国の戦争に巻き込まれるようなことは絶対にない。「戦争法案」という批判は、根拠のない典型的な「レッテル貼り」であり、恥ずかしいと思う。(5月26日、本会議)"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  3. ^ a b “安倍首相の記者会見要旨”. 読売新聞・東京朝刊: p. 4. (2015年9月26日). "平和安全法制に「戦争法案」とレッテル貼りが行われたことは根拠のない不安をあおるもので全く無責任だ。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  4. ^ “52回目の憲法記念日 「調査会」巡り議論 賛成・反対両派が各地で集会”. 読売新聞・東京朝刊: p. 5. (1999年5月4日). "… 、扇町公園(北区)では、「戦争法案阻止! 不況打倒! 雇用確保! 年金改悪反対!」などをスローガンに全労連系の大会が開かれ、約二万五千人が参加。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  5. ^ “後方支援法案に理解示し…民主が“条件” 「政府見解踏襲を」「武器輸送ダメ」”. 読売新聞・東京朝刊: p. 4. (2001年10月3日). "共産党の志位委員長は「戦場に『前方』と『後方』を区別する道路標識は立っていない。憲法違反の報復戦争法案だ」と強調し、武力行使と一線を画する「後方」支援を強調する政府を批判。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  6. ^ “安保法成立 各党が談話”. 読売新聞・東京朝刊: p. 4. (2015年9月20日). "社民・吉田党首「戦争法案を数の暴挙で強行したことは、立憲主義、民主主義を踏みにじる暴挙だ」"  - ヨミダス歴史館にて閲覧