慕容詳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

慕容 詳(ぼよう しょう、? - 建始元年(397年))は、五胡十六国時代後燕僭称皇帝(在位:397年)。燕文明帝慕容皝の曾孫。

生涯[編集]

恵愍帝慕容宝から開封公に封じられており、中山を守っていた。その後、慕容宝に逆らった清河王慕容会が中山に逃げてくると、これを殺害した。

永康2年(397年)3月、慕容宝が北魏軍に敗れてに逃れた際、慕容詳は中山で燕帝を僭称し、百官を置いて年号を建始とした。しかし、その悪政ぶりに餓死者が数10人となり、9月、慕容麟の率いる丁零の衆に攻め込まれ、親党300余人とともに殺された。

参考資料[編集]

  • 晋書』(載記第二十四)
先代:
恵愍帝
後燕の対立皇帝
397年
次代:
慕容麟