愛媛県道193号森松重信線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛媛県道193号森松重信線(えひめけんどう193ごうもりまつしげのぶせん)は、愛媛県松山市森松町から愛媛県東温市横河原に至る県道である。

また国道11号の新横河原橋交差点の案内標識に193号の表記が見られるが、実際には152号の区間であり、実際の終点は横河原交差点である。これは、指定された当時、愛媛県道334号松山川内線が国道11号であったためである。

愛媛県道334号松山川内線の横河原交差点でも、案内標識に南は193号北は152号の表記が見られるが、こちらが正式である。

概要[編集]

  • 起点:松山市森松町(森松交差点・国道33号との交点)
  • 終点:東温市横河原(横河原交差点・愛媛県道334号松山川内線との交点・愛媛県道152号寺尾重信線終点)
  • 実延長:10.4km[1]

重複区間[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]