愛に気づけば…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛に気づけば…
Angie
監督 マーサ・クーリッジ
脚本 トッド・グラフ
原作 エヴァ・ウィング
製作 ラリー・ブレズナー
パトリック・マコーミック
製作総指揮 ジョー・ロス
ロジャー・バーンボーム
出演者 ジーナ・デイヴィス
スティーヴン・レイ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ジョニー・E・ジェンセン
編集 スティーヴン・コーエン
製作会社 ハリウッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 ブエナビスタ・インターナショナル・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年3月4日
日本の旗 1994年11月23日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $9,398,308[1]
テンプレートを表示

愛に気づけば…』(あいにきづけば…、原題:Angie)は、1994年制作のアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画。未婚女性の出産をテーマに描く。マーサ・クーリッジ監督。

あらすじ[編集]

ニューヨークブルックリンで生まれ育ったアンジーは、母親が彼女が3歳の時に家を出て、まもなく父フランクは後妻にキャシーを迎えたが、彼女とはそりが合わず、また母のこととなると口をつぐむ父の態度にもいらついていた。

ある日、アンジーは長年付き合ってきたボーイフレンドのヴィニーの子供を妊娠していることを知るが、幼なじみで親友のティナの悲惨な結婚生活を目の当たりにし、家庭に入ることにためらいを覚える。

そんな中、アンジーは美術館でノエルというエリート弁護士と知り合い、たちまち一目惚れ、ヴィニーに別れを告げ、彼との自由な恋を楽しむことを決める。そして、いよいよアンジーは産気づき、男児を出産するが…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]