情報ネットワーク法学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報ネットワーク法学会(じょうほうねっとわーくほうがっかい)は、「情報ネットワークをめぐる法的問題の調査及び研究を通じて、情報ネットワーク社会の健全な発展に貢献すること」を目的として2002年7月27日に設立された法律系の学会である。

概要[編集]

次の活動を行なっている。

  • 情報ネットワークに関する法的問題の調査及び研究(受託研究を含む)を行うこと。
  • 学会誌、書籍、情報ネットワーク等の媒体を通じて研究成果を公表すること。
  • シンポジウム、講演会等を開催(共催、後援、協力を含む)すること。
  • 情報ネットワークに関する法制等法的な問題に関する意見の公表、及び国、地方公共団体等への提言を行うこと。
  • 内外の関連団体及び学会等との協力体制の構築など連携を図ること。
  • 情報ネットワークに関する研究者の育成及び支援を行うこと。
  • 会員間の協力体制の構築、及び懇親を図ること。
  • 前各号に掲げるもののほか、理事会が適当と認める活動を行うこと。

立法政策論も視野に入れて、産官学の連携を図ることを目指しており、法学研究者や法曹に限定することなく、広く官公庁、報道・出版、技術者、政治家などに会員を求めているところが、伝統的な法学会と異なるところとされている。

また、理事構成も年代別として、老壮青のバランスをとり、若手の活躍の場を模索しているなど、先駆的取り組みもしているが、設立当初の熱気はだいぶ薄らいでいる。

同種の学会として、古くから法とコンピュータ学会があり、双方の会員となっている者も多い。その点からも、その存在意義を問われている。

理事長[編集]

第一代 苗村憲司慶應義塾大学名誉教授)(2002年7月 - 2006年12月)

第二代 佐々木良一東京電機大学教授)(2006年12月 - )

学会誌[編集]

  • [1] 『情報ネットワーク・ローレビュー 第1巻』(2003年3月、商事法務
  • [2] 『情報ネットワーク・ローレビュー 第2巻』(2003年11月、商事法務)
  • [3] 『情報ネットワーク・ローレビュー 第3巻』(2004年7月、商事法務)
  • [4] 『情報ネットワーク・ローレビュー 第4巻第1号』(2005年6月、商事法務)
  • [5] 『情報ネットワーク・ローレビュー 第4巻第2号』(2005年11月、商事法務)
  • [6] 『情報ネットワーク・ローレビュー 第5巻』(2006年5月、商事法務)

外部リンク[編集]