性犯罪者処遇プログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

性犯罪者処遇プログラム(せいはんざいしゃしょぐうプログラム)とは未成年者に対して性犯罪を犯す人間を矯正するための計画である。

2004年11月に発生した奈良小1女児殺害事件を機に性犯罪者を繰り返す者への処遇を検討する世論が高まりこれに応える形で法務省が立ち上げた。

性犯罪者処遇プログラム研究会が結成され、メンバーは以下の通りである(肩書き、職位は研究会発足当時)。

  • 小畠秀吾(東京医科歯科大学難治疾患研究所助教授)
  • 角谷慶子(梅花女子大学現代人間学部人間福祉学科教授)
  • 嶋田洋徳(早稲田大学人間科学学術院教授)
  • 妹尾栄一(東京都精神医学総合研究所嗜癖行動チーム副参事研究員)
  • 信田さよ子(原宿カウンセリングセンター所長)
  • 針間克己(東京武蔵野病院医師)
  • 藤本哲也(中央大学法学部教授)
  • 山上皓(東京医科歯科大学難治疾患研究所教授)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]