性善院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

性善院(せいぜんいん、享保4年(1719年) - 宝暦13年3月7日1763年4月19日))は第6代仙台藩伊達宗村側室で第7代仙台藩主伊達重村江戸幕府若年寄堀田正敦の生母[1]。実名は信子。称は与世。父は坂信之(正三郎)。

宗村との間に 寛保2年4月19日1742年5月23日)に重村を儲けるなど4男5女を儲ける。享年45。院号は性善院。

脚注[編集]

  1. ^ 「伊達略系」、寛政重修諸家譜

参考文献[編集]