応用生物科学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

応用生物科学部(おうようせいぶつかがくぶ、英称:Faculty of Applied Biological SciencesまたはFaculty of Applied Bio-Science)は、生物産業の代表である農業を、生物産業の一分野と位置づけ、農学に関する生物生産や生物資源利用を含め、生物学と化学を学問の基礎として、有機化学生物化学微生物学分子生物学などのミクロ科学や、環境科学生態学などのマクロ科学から生物科学・生物産業に関わる教育、研究を行う学校、およびその名称。大学学部のひとつである。

応用生物科学部を持つ日本の大学[編集]

2008年現在、日本では、国立1校、私立1校の計2校に設置されている。共に、農学部を改組して設置された。

関連項目[編集]