徳島本線料金所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:以前あった料金所の画像提供をお願いします。2016年1月
徳島本線料金所
所属路線 徳島自動車道
料金所番号 08-766
供用開始日 1995年8月9日
供用終了日 2013年6月4日
通行台数 5,710台/日(2010年[1]
所在地 771-1151
徳島県徳島市応神町古川字宮ノ前39番地1
テンプレートを表示

徳島本線料金所(とくしまほんせんりょうきんじょ)は、徳島県徳島市にかつてあった徳島自動車道本線料金所である。

2013年6月4日までは、徳島IC料金所がなかったため、徳島IC利用者はここで通行券の受け取り・料金収受を行うことになっていた。

鳴門JCT - 徳島JCT - 徳島IC間が有料道路方式で建設中であったことから、2013年6月4日に本料金所は廃止され、料金所機能は徳島ICに新設される料金所に移転された[2]

西日本高速道路四国支社徳島管理事務所、徳島県警察高速道路交通警察隊本部が併設されているが、これらの施設は現存している。

料金所[編集]

徳島方面[編集]

  • ブース数 : 3

松山・高知方面[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用 : 1
    • 一般 : 1

[編集]

徳島自動車道
(1)徳島IC - 徳島TB(廃止) - (2)藍住IC

脚注[編集]

関連項目[編集]